フリーランス活動記

フリーランスだからこそ名刺は必要!ビスタプリントで名刺を作ってみたら最高だった

「家から出ないフリーランスだし、名刺なんていらないよな〜」と思っている、そこのあなた。「パソコンさえあれば誰にも会わずに仕事できるし〜」と思っている、そこのあなた。

というより、過去の私!「名刺なくても困らんだろ」と思っていた私!大間違いです!!!

フリーランスになって半年の間に、何回も(あぁ...作っときゃよかった...)と思う瞬間がありました。きっとこれからも思う気がする。

ということで!やっとさ作りました、名刺!

作るのが難しそうだと思っていたけど、意外と簡単に発注できてびっくりです。フリーランスで名刺を作ろうか検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

意外とあった!名刺がないと困ること

クライアントさんと打ち合わせのときに気まずい

フリーランスをやっていると、クライアントさんと打ち合わせをすることも多々あります。執筆させてもらえるか、事前に面接がある場合もありました。

そんなとき、お相手は必ずと言っていいほど名刺を渡してくれます。けれど、残念ながら名刺がなかった私は「あ、はじめまして...名刺なくてすみません...へへっ」とへらへらするしかできず。

最高に気まずかったので、前もって準備しておいたほうが安心です。

思い出してもらえるチャンスがない

名刺を渡さないと、クライアントさんに思い出してもらえるチャンスも少ないよなぁと思います。

例えば、クライアントさんがライターを探しているときに、「誰かいい人いないかなぁ〜」と名刺を見返したとします。名刺を渡していないと、クライアントさんの名刺の中に自分の名前はないわけです。自分のことを思い出してもらえるチャンスが、そこでひとつ減ってしまうんですね。

一度会ったら一生忘れないレベルのインパクトがあるならいいけれど、「私の友達に似てる〜」「職場の先輩に似てる〜」と言われ続けてきたザ・平凡顔の私は、大人しく名刺を作りました。

取材での信用度が下がる

インタビューなど、取材をする機会があるなら絶対に名刺は必要!

初対面の方にお話を伺うときに、「はじめまして◯◯です〜名刺まだ作ってないんですよごめんなさい~」なんて言ったら、「こいつ大丈夫かな...」って思われること間違いなし。私でも思う。

同行するカメラマンさんが名刺を持っていたら、余計に「横のこいつはなんなんだ?」感が強まります。「こいつ怪しいぜ…」の視線を浴びたくないなら、取材前に用意しておくのがおすすめです。

ビスタプリント【vistaprint】を選んだ理由

名刺作成のサービスは色々あるけど、私はビスタプリントを選びました。

◆ ビスタプリントを選んだ理由 ◆

  • デザインのテンプレが豊富
  • デザインをカスタマイズすることができる
  • 料金が980円とリーズナブル
  • 注文から1週間以内に届く

中でも、『デザインをカスタマイズすることができる』ところに惹かれました!テンプレ通りのデザインでいいなら、100枚500円以下の激安名刺もあるんです。でも、やっぱり自分好みの名刺にはならない...。

テンプレで好きなデザインを選べて、かつ自分の好みにカスタマイズもできるビスタプリントは希望にぴったりでした。

料金も、自分で考えていたよりずっと安かったです。私は、ビジネスでも使いやすいプレミアム名刺の両面印刷にしました。料金は以下の通りです。

  • 本体価格:¥980
  • 裏面印刷:¥780
  • 消費税::¥180
  • 送料:¥500
  • 合計金額:¥2,440

私はメッセージを入れたかったので、裏面印刷もプラスしました。片面印刷でいいならさらに安くなりますよ。

ビスタプリントの名刺の作り方

ビスタプリントには、さまざまな業種に対応できる『プレミアム名刺』や、文字加工ができる『文字DECO名刺』、デザイン部分を厚塗り加工できる『デザインDECO名刺』など、名刺の種別が複数あります。

私の希望は「とにかく安く!デザインはシンプルに!でもちょっとだけかわいさも入れてね!ダサいのはイヤよ!」とワガママ大放出祭り。

そんなワガママを叶えてくれることを期待して選んだのが、『プレミアム名刺』でした。結果としては大正解!

会社ロゴがある人は最初からロゴをアップロードして作成することもできますが、私にはそんな洒落たものはないので大人しくテンプレから選びました。

テンプレは、全部見ることが難しいレベルでたんまりあります!希望のカラーが決まっているなら、絞ったほうが見やすいと思います。え、待ってこんなにあるの…?ってくらいある。ちょっと引くくらい。

ずら~っと並ぶテンプレから、お気に入りを見つけましょう。「これ好きだな」ってテンプレが決まったら、デザインをレッツ・カスタマイズ!いらない項目は消すこともできるので、テンプレとまったく同じにしなくてもOKです。

文字切れラインも教えてくれるやさしさ~。テキストの追加も簡単にできちゃいます。私は住所や電話番号は入れないので、項目ごと消しました。

名前を入れて、アドレスを入れて、ツイッターアカウントやサイトURLを入れて…。

じゃーん!簡単すぎてびびる!!

デザインとは?はて?の私でもサクサクできました。とてもかわいい。

画像のアップロードもできるので、アドレスなどのアイコンはICOOON MONOでダウンロードしたものを使いました。アイコンがあるとぐっと名刺!って感じがする…ありがたい…。

さらにうれしいのは、プレビュー機能が「これがプレビュー機能の本気か…!」ってくらいプレビューだったこと。まず見て。

手、あるじゃん…!

こんなリアルなプレビュー初めて見ました。誰の手なの?わかりやすいじゃん?ありがとうね?

このプレビューのおかげで、本物をイメージして作ることができました。プレビューでOKだったら、そのまま確認・注文へGO!届くまでそわそわしながら待ちましょう。

自宅に届いたのは、注文してから5日後!名刺に入れた情報は?

5/31に注文して、自宅に届いたのは6/5でした。土日を挟んで注文したのに、1週間以内で届くのはありがたい〜!

名刺は、かっちりした箱に入って届きます。

写真を撮る前に待ちきれずに開けたので、びりびり…。ちょっと覗いている名刺がすでにかわいいです。

完成した名刺はこんな感じ~!!すてき!!印刷の色もきれいで、紙もしっかりしています。

裏面にはメッセージを印刷しました。

すてき…すてき…。

名刺に入れ込む情報は人それぞれだけど、私はこんな感じにしました。

【おもて】

  • 職種
  • ペンネーム
  • メールアドレス
  • チャットワークのアカウント
  • ツイッターのアカウント
  • ブログのURL

 

【うら】

  • メッセージ
  • 仕事を依頼する方が聞きたいかな?と思うこと(私だったら、取材を依頼するときにライターがどこに住んでいるのか知りたいよな~と思ったので入れました)

逆に、名刺に書かなかったことはこちら。

  • 本名:ペンネームのほうで覚えてほしかったので、本名は省きました
  • 住所:在宅勤務なので、職場は自宅。自宅住所を開示するのは怖かったので、入れませんでした
  • 電話番号:電話、いきなりかかってくるから…苦手で…。いまのところ、メールやチャットワークがあれば仕事に支障はないので、省きました

次回名刺を作るときに、追加しようかなと思っていることはこちら。

  • ツイッターとブログのURLを、QRコードにして裏面に入れる
  • 「くまのなな」として使っているアイコンも入れる?(検討中)

QRコードを入れるかは迷ったんですけど、メッセージを優先させたかったので今回はなしにしました。ただ、やっぱりQRコードを入れたほうがアクセスしてもらえるかなぁと思ったので、次回は入れるかもしれないです。

アイコンは、ツイッターやブログでも使っているこれです。

プロフィール画像

私が、人のことを名前よりも先にアイコンで覚えるので、名刺に入れたら覚えてもらいやすいかなと…。これはまだ悩んでいるので、名刺が切れて再度発注するときに決めます。

ビスタプリントで名刺を作ってみた結果

ビスタプリントで名刺を作ってみた感想は……、大満足!!!!!

印刷もきれいだし、文字のかすれもありませんでした。色の出方も、プレビューで見た通りです。安いし早いしかわいいし、本当に言うことなし!

ツイッターでもうきうきを垂れ流しています。

さっそく、昔使っていた100均の名刺入れに収納してみました。

う~~~~~~~ん?????

名刺のかわいさが90%減したので、次はすてきな名刺入れを探しに行きたいと思います。自慢できる名刺入れを見つけたら、ぜひぜひ私と名刺交換してください。