心の話

「周りの人に頼って、気を詰めすぎないことが大切だと思います」井川さんが語る、統合失調症の母との向き合い方

お母様が統合失調病だと診断された、東京都にお住まいの井川さん。ご結婚している井川さんは、現在第二子の妊娠中だそうです。お体が大変なときに、インタビューを受けていただきました。

井川さんのお母様は、都内で一人暮らしをしています。離婚してパートナーがいないお母様に寂しい思いもさせたくない反面、ご自身の家族との時間も大切にしたいと、悩んだこともあったそうです。そんな悩みにどう向き合っていったのか、井川さんのお話を伺いました。

診断されるまでは、心の病気だとは思わなかった

統合失調症だと診断されるまでに、お母様が病気かもしれないと感じたことはありますか?

なんかおかしいな?と思ったことはありましたけど、病気だとは思わなかったです。統合失調症だと診断されてから、「あれは病気の症状だったんだな」とわかった感じです。

病気だと診断される前に、どんな症状があったか教えていただいてもいいですか?

幻聴が聞こえたり、幻覚を見ていたり…。ある日、私にはなにも見えないのに、顔の周りを「虫が飛んでる!」と言いながら手を振り回していたことがあったんです。そのときはなに言ってるんだろう?と不思議だったんですが、今思うとあれも病気の症状だったんですね。敵だと判断した人に対しての、被害妄想もひどかったと思います。

お母様が統合失調症だとわかったとき、どう思いましたか?

とてもショックでした。自分の母親が精神を病んだことが、単純にかわいそうで。

今も、そのお気持ちに変わりはないですか?

今は、そう簡単に治らないものだとわかっているから、うまく病気と付き合っていければいいなと思っています。母に対しても、穏やかに生活してほしい気持ちが強いです。

母の病気を一人で抱え込まなくて、本当によかった

お母様が病気になって、大変だったことはなんですか?

母が騒いで、警察に呼び出されたことがあったんです。母とは違う駅に暮らしているので、電車で母がいる警察署まで行って…。実は、そのとき上の子の妊娠中だったんです。体も重かったので、正直とても大変でした。自分のお母さんが警察沙汰になるというのも、やっぱり悲しかったですね。

あとは、お薬をもらっても自分の判断で飲んでくれないことが多くて。無理矢理飲ませるわけにもいかないので、どうしようかと悩んだこともありました。今は注射型になったので、そういったこともなくなりました。病院の先生が、最初からお薬のタイプを選べることを教えてくれなかったのは、なんでだろうとは思いましたね。

お母様の病気が発覚してから、井川さんの支えになったことはありますか?

救護施設の方には、本当に助けてもらっています。精神疾患の人のサポートをしてくれる施設なんですが、母の病院に連れ添ってくれたり、私が様子を見に行けないときでも、母の症状が悪化していないか確認をしてくれることもあります。

あとは、姉妹がいたことですね。一緒に悩んだり相談しあったりできたことは、気持ち的にとても楽でした。私の夫も、母の病気のことを理解してくれています。母の病気を一人で抱え込まなくて、本当によかったなと思っています。

周囲の方に、お母様が精神疾患だということを伝えていますか?

仲のいい友達は知っています。知り合い程度には言わないですね。心配されるのも面倒だなと思って。自分が信頼できる人に言えれば、それでいいと思います。

私は母と暮らしているわけではないので、もし一緒に暮らしていたら、近所の人や職場の人には言っていたかもしれないです。突然病院から呼び出されることもあったので、迷惑をかけてしまうかもしれないから。

周りの人に頼って、気を詰めすぎないことが大切だと思う

ご家族が精神疾患だと診断された方に、なにか伝えたいことはありますか?

精神疾患は簡単に治るものじゃないから、周りの人に頼って、気を詰めすぎないことが大切だと思います。楽に捉えたほうがいい。頼れるものに頼って、離れて暮らすのも手だと思います。もし、安心して任せられるところがあるなら。

お母様の最近の調子はいかがですか?

私の娘が生まれてからは、とても調子がよくなったと思います。そういえば、娘が生まれてから警察沙汰もないです。子どもを交えて、みんなで遊ぶ回数が増えたからかな?孫の存在が、少しは母の癒しになっていればいいなと思います。

お母様に、どのように過ごしてほしいと思いますか?

たまに「お友達と遊びに行ったよ」と話してくれるんですけど、遊べるくらいのお友達がいることを聞くと安心します。

病気になったからって、ずっと大人しく過ごしてほしいとは思わないです。病気になっても、母には楽しく過ごしてほしいから。

「周りのサポートが本当に大切」と語ってくれた井川さん。周囲の人に上手に頼ることで、気持ちに余裕を持ってお母様とも向き合えるそうです。周りに頼るということは、井川さんのためだけではなく、結果的にお母様の症状の安定にも繋がっているように思えました。

心の病気は、周囲の人に理解されないと思われがちです。ですが、精神病のご本人やご家族をサポートしてくれる公共機関や、理解を示してくれる人は必ず存在します。悩みや辛さを自分の中だけで消化しようとせずに、他に頼れることは自分の手から離してほしい。井川さんのお話を伺って、そう強く思いました。